Topic

最近の話題

旬ワード|AnimeDemo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2020/09/30

コロナ禍の影響で、私たちの生活には次々と非接触化の波が押し寄せています。ビジネスの世界でも同じです。特に新しい取引先との商談において、説明を要する複雑な商材をパワーポイントで1ページずつ紹介するのは非効率的ですし、内容が伝わりづらくなってしまいます。

 

しかし、自社サービスをオンラインでコンパクトに説明できるツール「AnimeDemo」なら、ポイントをざっと動画で見せられます。

 

 

誰でも使えるわかりやすさ

AnimeDemoは、専門知識や技術いらずでアニメーションを作成できるサービスです。

「パワーポイントのスキルがあれば2時間でアニメが作成できる」というふれこみで人気のAnimeDemoを実際に触ってみたところ、確かに操作性はパワーポイントと非常に似ていました。

 

(ラップトップ一台でアニメーションが作れるhttps://animedemo.com/)

 

 

AnimeDemoの操作画面ではアイコンがよく機能しており、初めてでも何となく使い勝手がわかります。直感的な操作でも、予想よりもスムーズにアニメーションを作成できました。

 

↓専門知識ゼロで作ったアニメーションスライド

アニメデモ

 

 

AnimeDemo 3つの特徴

今回使用した機能の中で、特徴的な3つの機能を取り上げましょう。

 

まずはreplace機能です。人物などのオブジェクトを選択した状態でこのボタンを押すと、任意のオブジェクトと入れ替えることができます。

 

アニメーション作成が進むにつれて細かい調整がしたくなっても、人物をいちいち削除せず作業ができるので助かる機能でした。

キャラクターを選択すると自動でポーズまで調整してくれる

 

 

次に、motion path。こちらは選択したオブジェクトに動きを付けられる機能です。画面右上にあるように、モーションの秒数を指定できるのでタイミング合わせが簡単です。シナリオを進めるトリガーとしても有用な役割を果たしそうです。

オブジェクトの動きを自由自在に指定できる

 

 

最後に、template機能です。スライド挿入の際、テンプレートリストの中から一枚選んで使用することができます。

 

templateは2階層に分かれており、ユーザーはまずシチュエーションの大カテゴリを選びます。大カテゴリには、charts & data(図表・データ)やcomparison(比較)、office(仕事場)などの21種類が存在します。次に、該当カテゴリの中からさらに細かい場面設定を選ぶことができます。

ストーリーのヒントをくれるテンプレート群がいろいろ揃っている

 

template機能が様々な場面を提示してくれるので、ユーザーはシナリオ作成のインスピレーションを得ることができます。この点も、アニメーション作りのハードルを下げている要因の一つであると考えられます。

 

 

アニメーションの可能性

アニメーションを用いたプロモーションは、今後広がっていくと推測されます。

 

まず、動画をWebサイトで活用すると、閲覧者の理解を促進できるという期待がもてます。モデルの版権などを気にする必要もないので、SNSで拡散させやすいことも利点です。よくある質問(FAQ)を短編アニメで用意しておけば、営業現場でも威力を発揮し、問い合わせ対応に追われることも減るかもしれません。

 

また、アニメーションなら出演者のスキャンダルや退職等の影響がなく、一度作ってしまえば強力な営業ツールとして使い続けることができます。社員出演の映像と比べても、プライバシー保護の観点からは明らかにアニメーションに軍配が上がります。むしろ実写より、実在の人物に寄せたキャラクターを作れば関係者から面白がってもらえるかもしれません。

 

さらに、テキストの説明よりもわかりやすいので、マニュアル作成にも役立つでしょう。templateから自由に場面を選んでシーンを作り込めることで、例えば外国語話者や子どもに状況を想像してもらうのにも適しています。使い方次第で、プロモーションの枠を飛び越えて活用されるツールとなるのではないでしょうか。

旬ワード|OMO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2020/09/01

オンライン×オフラインで顧客獲得を図るOMO

 

OMOとは、「Online Marges with Offlne」の略称で、オフラインとオンラインが融合した社会を意味します。2017年に李開復(リ・カイフ)が提唱した言葉で、同年12月の『エコノミスト誌』への掲載をきっかけに、広く認知されるようになりました。今後、ますますデジタル基盤の社会への移行が予測されることからも、OMOへの注目度は高まっています。

 

UXを大切にしたOMOの事例

 

OMOに似たものとして、よく例に挙げられるのがO2Oとオムニチャネルですが、これらは「オフラインとオンラインは別々のものとみなした上で、異なるチャネルどうしを連動させること」を指します。これに対しOMOは、顧客のあらゆるUXを中心に設計されています。UX設計の工夫で顧客満足度を上げていると考えられるOMOの事例を2つご紹介しましょう。

 

1|MEDDULA/Sparty

 

『MEDDULA(メデュラ)』は、自分の髪質や好みに合わせてパッケージ・香り・成分をカスタマイズして作ることができるヘアケア商品。カスタマイズを始める前には、髪質診断が受けられます。髪質診断は、サロンでシャンプーとブローの無料体験も受けられるオフライン形式、ネット上でQ&Aに答えるオンライン形式のどちらかを選ぶことが可能です。

 

約3万通りの成分×5種類の香りとパッケージから選べるシャンプー

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000034407.html

 

 

他にも、「商品を手に取りたい」「香りで選びたい」といった顧客の声に応える期間限定のポップアップストア、LINEや電話での問い合わせなど、複数の販売窓口のあるところが『MEDDULA』の特長。企業は、髪質診断で得た顧客の会員情報を商品開発や新たな提案に活用しているようです。

 

その場で髪質診断や商品を手に取って検討できる都内ポップアップストア(2019/12/5~2020/2/28)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000034407.html 

 

2|自分で詰める水/良品計画

 

無印良品は、2020年7月より、プラスチックゴミの削減を目的とした給水サービスを始めました。マイボトルを給水スポットに持っていくと、誰もが無料で水を汲むことができます。給水スポットは、無印良品の特定の店舗に設置されており、専用のアプリで確認できます。

無印良品オリジナルマイボトル330ml(税込み190円)

https://www.muji.com/jp/ja/stories/food/520171

 

アプリ上では、給水をおこなう度にペットボトル削減量・CO2削減量などの環境への貢献度が可視化されます。顧客が、水を汲むと環境に貢献していることを実感できる点が『自分で詰める水』の特長です。

 

企業側は、【給水前】アプリを使って店舗検索→【給水】店舗に来店→【給水後】アプリを使って環境貢献の確認といった具合に、オンラインとオフラインの行き来を促すことで、オフラインとオンライン双方での顧客情報の取得や来店者数増加も狙えます。

 

 

給水ポイントMAPと環境への貢献度を可視化できるアプリケーション使用時イメージ

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001072.000000987.html

 

各事例のよくできている点は?

 

一つ目に挙げた『MEDDULA』では、商品販売の窓口を顧客のニーズやタイミングに合わせて選択してもらえる点がOMO設計の工夫といえるでしょう。「自分の髪質がよくわからない」という人は、オフラインで直接的に診断できます。反対に「店舗に行かずに手軽に自分に合う商品を選びたい」という人は、オフラインでの商品購入を選択できます。販売チャネルを連携させるだけではなく、チャネルごとに顧客体験を細分化しているといえます。

 

二つ目の『自分で詰める水』では、顧客がスムーズに目的を達成するための導線が確保されていることがポイント。給水スポットのみに情報がしぼられたアプリで、事前にスポットを確認し、好きな時に水を汲みに行けます。自動販売機やコンビニエンスストアで水を購入した際のペットボトル(プラスチックゴミ)の発生や、配達で商品を注文する際の待ち時間を省いたうえ、環境貢献ができるという顧客体験へ上手に落とし込めているといえます。オフラインが得意とすることと、オンラインが得意とすることをうまく組み合わせた一例です。

 

寄稿|マーケティングにおける
デジタルシフト化のための組織形態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2020/09/01

当社代表の国本が、NECソリューションイノベータ様のコラムサイトに、「マーケティングにおけるデジタルシフト化のための組織形態」を寄稿させていただきました。前・後編ございます。お時間ございましたら、ぜひお立ち寄りください。

 

前編はこちら→

2020年8月更新分|当社事例追加しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2020/08/30

株式会社シンクジャムの2020年8月公開の主な事例をご紹介します。


こちらよりご覧ください
●大手メーカーさま|MAのシステム設定コンテンツ制作
●大手メーカーさま|MA導入、シナリオ策定
●大手メーカーさま|コンセプト商品Webサイト制作
●大手メーカーさま|季刊誌のコンテンツ制作
●大手メーカーさま|新商品販促のDM制作


クライアント企業、パートナー企業の皆さま、
いろいろとありがとうございました。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

旬ワード|アキ活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2020/08/26

アキ活サービスのいろいろ

 

「空いた時間」「空いた空間」などを提供するサービスや取り組みは、「アキ活」といわれ近年盛り上がりを見せています。周知のように、いろいろなマッチングやシェアリングサービスが登場していますが、最近の例では‥

●タイムチケット

「アキ時間がある人」と、その「アキ時間内でその人のスキルを利用したい人」とをマッチング

●Anyca(エニカ)

「車を使わない時間」がある人と「その時間に車を使いたい人」とをマッチング

●ADDress(アドレス)

「空き家所有者」と「空き家を利用したい人」とをマッチング

‥などがあります。

 

ADDress(アドレス)』では、全国各地50軒以上の空き家を家具付き・光熱費込みにも関わらず月額4万円で利用できる

 

 

アキ活市場伸長の理由

 

マッチング/シェアリングサービスの市場規模は年々拡大傾向にあり、2014年度には約233億円だった国内シェアリングエコノミーサービス市場規模(事業者売上高ベース)は、2017年には760億円を超え、2018年にはさらに32.2%増加した1,012億8700万円と拡大し続けています。

 


グラフは矢野経済研究所がサービス提供事業者売上高ベースで行った調査を参考に作成。(単位は百万円)

※調査におけるシェアリングエコノミーとは、不特定多数の人々が、インターネットを介して乗り物

スペース・モノ・ヒト・カネなどを共有できるサービスを示す。また、著作物は対象外とする。

 

アキ活サービスの市場規模が拡大しているのは、生活者の消費傾向の変化―「モノ消費」から「コト消費」への移行(例えば、高級車を所有したいという所有欲求よりも、一度でいいから運転してみたいという体験欲求へ)―が要因のひとつにあると考えられます。近年、モノを所有する「モノ消費」に代わり、モノを通した体験に価値を置く「コト消費」の機運が高まりつつありますが、そういった生活者ニーズの変化にアキ活のサービス形態がマッチしているというわけです。

 

今後は「コト消費」のみならず、例えば、恋人と乗る前提で車をレンタルすれば、ロマンチックなサービスをしてくれる車のアキ活など、「エモ消費:精神的な満足感を重視する消費傾向」や「トキ消費:ある特定の場所や時間でしか楽しめないことを求める消費傾向」要素のあるアキ活サービスが流行するかもしれません。

 

 

増えるB2Bのアキ活

 

アキ活は個人間の貸し借りだけでなく、企業のアキ活を個人や企業が利用する例もあります。例えば「カラオケの鉄人」は、客足が遠のく平日昼間の「アキ部屋」をビジネスマンが営業先での作業場や会議室として利用できるサービスを行っています。また、朝日新聞販売所(ASA)の配達員がアキ時間に行う、宅配ポータルサイト「出前館」の出前の宅配代行業や、セラミックス大手の日本特殊陶業が手掛ける設備・計測器の企業間での貸し借りを仲介するサービス「シェアリングファクトリー」は、B2Bにおけるアキ活といえるでしょう。

 

企業間のアキ活は、自社サービスの認知の拡大や、顧客の離反防止といったメリットが予期でき、今後もますます拡大していくと考えられます。

1 2 3 4 13
マーケティングの話題が毎回5分で読める!